木製のフォトフレームにレーザー加工機で素敵なデザインを彫刻してみましょう!このサンプルではフレーム部分だけでなく、フロントのガラスにも彫刻を施して、エレガントな印象とオリジナル感をよりアップしたレーザー加工をご紹介しています。


材料

  • 硬い木材で作られたフォトフレーム

使用機種

Speedyシリーズの他の機種でも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル:バキュームテーブル


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイル(PDF)をダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にデザインデータを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。

設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー -

ステップ2:レーザー加工

写真のように、フォトフレームを加工テーブル上にセットします。

ここで注意するポイントは、木製のフレーム部分とフロントのガラスを一度に彫刻するために、フレームを平らにセットすることです。例えば写真立ての後ろにあるイーゼル(脚)でできる隙間によって、加工中ガタガタしないように高さの合うパーツを挿入する等してフォトフレームを固定してください。焦点はガラスの上で位置決めします。

またフレームとガラスは高さが違うため、Zオフセットを設定する必要があります。フレームとガラスの高低差は7mmなので+7mmにZオフセットを設定します。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

パラメーター カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
濃い彫刻(木材) 彫刻 CO2 35 50 500
明るい彫刻(木材) 彫刻 CO2 10 50 500
彫刻(ガラス) 彫刻 CO2 40 50 500
パラメーター パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット 高品質
濃い彫刻(木材) 1 On +7 mm High Quality
明るい彫刻(木材) 1 On +7 mm High Quality
彫刻(ガラス) 1 On - -

ヒント

高さの固定には、端材のアクリルやMDFを円形やクロスにカットして使用すると良いでしょう。

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:仕上げ

レーザーでデザインの彫刻が完了したら、水で湿らせた布でフォトフレームを拭いてきれいにします。これでガラスにもデザイン彫刻されたオリジナル感溢れるフォトフレームの完成です。お気に入りの写真を入れて、早速ディスプレイしましょう。


もっとアイデアをプラス!

このような彫刻加工は、ウェディング用のフォトフレーム、メニューボード、座席札、ギフトにも最適です。ぜひ応用してみましょう!


デザインデータ(pdf)

デザインデータ(pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル