船の型に光るアクリルのナイトライト

アクリルのナイトライト

レーザー加工機でアクリルシートからナイトライトを作ってみましょう。 船の型をしたLEDの明かりがアクリルの色で、夜の部屋に灯ります。アクリル製のナイトライトは、インテリアの贈り物としても喜ばれるでしょう。


材料

  • 好きな色のアクリルシート(厚さ3mm)
  • 両面粘着テープ LEDチューブライト(LEDロープライト)

使用機種

Speedy 400、80W、2.5インチレンズ

アクセサリー

ハニカムカッティングテーブル
※またはホワイトアクリルカッティンググリッドテーブル


ステップバイステップ

ステップ1:デザイン

本ページのデザインPDFをダウンロードして、CorelDRAWまたはIllustratorへデータをインポートします。
次にアクリルシートの大きさに合わせて、デザインサイズを調整します。
船の本体となる2枚のパーツサイズが同じになるように注意しましょう。


ステップ2:レーザー加工

印刷を選んでデザインデータをJobControlデータに出力し、レーザー加工機に送信します。パラメーターを設定したら次はいよいよアクリルをレーザー加工します。ハニカムカッティングテーブルを加工台にセットし、アクリルシートを船の型(デザイン青の本体パーツ2枚)にレーザーカットします。

次に本体の表面(黒)を彫刻し、最後に長方形のスタンドパーツ(青と赤)をカットします。

パラメーター設定

Speedy 400、80W、2.5インチレンズの場合

彫刻(黒) レーザー出力:35%、スピード:10%、周波数:Auto、エアアシスト:ON
カット(青、赤) レーザー出力:30%、スピード:0.1%、周波数:8,500 Hz、エアアシスト:ON

※パラメーターはレーザー加工機の機種によって値が異なります。


ステップ3:つなぎのパーツとLEDライトの取付

船本体の2枚のパーツをつけるために、つなぎ部分のパーツをつくります。2枚の本体パーツの間はLEDチューブライトを通すためのスペースを作ります。

アクリルシートの保護フィルムはつけたまま、レーザー加工機でつなぎ部分のパーツ(赤)をカットします。カット後につなぎのパーツから保護フィルムを剥がし、パーツの片面に両面粘着テープを貼りつけます。

船本体のどちらか1枚に両面粘着テープがついたつなぎパーツを取り付けます。つなぎパーツのもう一方の面に両面粘着テープをつけて、残り1枚の本体パーツを取り付けます。

最後にLEDチューブライトをつなぎパーツに沿って巻き付け、スタンドのカット部分に船をはめ込んでナイトライトの完成です。


ダウン・ロード

デザインPDF JobControl

※デザインPDFは、CorelDRAWまたはIllustratorで開いてください。
※JobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。