木板をレーザー加工したギターマグネット

ギター マグネット

木板からギターマグネットを作ってみませんか?

トロテックのレーザー加工機を使えば、独特のマグネットが簡単に制作できます。


材料

  • 木材(突き板合板 オーク):600 x 300mm、厚さ3mm、1枚
  • マグネット(接着テープ付き):約20×30mmの長方形、またはカットした板材に収まる円形サイズ

このサンプルの材料は、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

使用機種

  • Speedy 360、80W
  • 2.0インチレンズ
  • ショートノズル:口径3mm
  • 加工テーブル:ハニカムカッティングテーブル

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

ヒント

下記ページも参照してください。

適切なノズルの選び方


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページのデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。あるいはご自分でデザインしたデータを使ってください。

次にデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。加工したいデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

木板を加工テーブルの上にセットします。吸引力の効果を上げるために、空いているスペースに紙などを置いて加工テーブルを覆います。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

加工用途 カラー 加工の種類とレーザータイプ パワー(%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 彫刻CO2 70 50 500
彫刻 彫刻CO2 50 50 500
彫刻 シアン 彫刻CO2 70 50 500
カット カットCO2 100 1 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット ディレクション アドバンス
1 ON 6 mm トップダウン(上から下へ) 高品質
1 ON 1 mm トップダウン(上から下へ) 高品質
1 ON 3 mm トップダウン(上から下へ) 高品質
1 - - - -

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3: クリーニングと組み立て

レーザーカットした木材のギターに削りカスが付着していたら、水で湿らせた柔らかい布で拭いて綺麗にします。磁石をギターの背面に取り付けます。


人気の木材、オーク材

レーザー加工用の材料としてオーク材を使ってみませんか?ニス塗装を施したトロテック商材のオーク材ならレーザー加工に適しているので、看板、ギフト商品はもちろん、建築模型や工芸品などのアプリケーションにも活用できます。
※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

また色々な種類の木材を使ってギターマグネットを作ってみましょう。その際、パラメーターは、加工する木材の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。必ず加工テストを行いましょう。


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


様々なトロテック・レーザー加工機を見てみよう!

トロテックの違いは、実際のレーザーで体感できます! デモをリクエストする
デモをリクエストする