二層板にオレンジのデザインをレーザー彫刻

二層板にフルーツのデザインをレーザー彫刻

表面の層を彫刻すると下の層の色が出てくる二層板。トロテック商材の「TroLase(トロレイズ)シリーズ」は、色鮮やかで豊富なカラーの二層板をラインナップしています。この二層板の特長を活かして、フルーツ柄のデザインをレーザーで彫刻してみませんか?白いアウトラインでフルーツを鮮明に表現できます。野菜のデザインもアート作品のように素敵に仕上がります。


材料

  • フルーツや野菜のデザインに適した色の二層板(TroLase):610 x 300 mm、厚さ1.6mm、1枚

このサンプルのアクリルは、トロテックが販売しているレーザー加工用の商材(トロテック商材)を使用しています。

 トロテック商材

※トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。
詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

  • Speedy 400
  • 120W
  • 2.0インチレンズ

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

※ このサンプルは様々なデザインを用意しているので、各彫刻の焦点距離に適合するために2.0インチレンズの使用を推奨します。

アクセサリー

  • 加工テーブル:バキュームテーブル + アクリル カッティング グリッド

ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイル(cdr)をダウンロードして、CorelDRAWグラフィックソフトで開きます。

次にデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。加工したいデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 600dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー -

ステップ2:レーザー加工

二層板の材料をアクリル カッティング グリッドの加工テーブル上にセットし、2.0インチレンズを取り付けます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 CO2 40 100 600
カットCO2 35 1.2 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on 1mm 高品質
1 on - -

ヒント

1)このサンプルは、JobControlソフトウェアの標準パラメーター値を使用しています。標準的な材料のパラメーターデータは、下記のウェブサイトからダウンロードできます。

レーザーパラメーター(トロテックの加工商材用)

2)下から上へ加工するように設定すると、特に彫刻加工などは、塵やカスがよく吸引されるので仕上げのクリーニング作業が簡単です。

【設定方法】JobControl画面のメニューバーから「テンプレート」→「テンプレートの設定」の「開始位置」で「bottom」を選択します。

3)パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:仕上げ

レーザーでデザインの彫刻が完了したら、水で湿らせた布で二層板を拭いて、デザインが鮮明に浮き出るようにきれいにします。


もっとアイデアをプラス!

デザインを会社のロゴやテキストと組み合わせてみましょう。

トロテック商材には、透明感のあるカラーアクリルや艶消ししたフロストアクリルなども取り揃えています。単色のアクリルは白っぽく彫刻されるので、透明のカラーアクリルやフロストアクリルにレーザー彫刻して、二層板とは違った印象を楽しんでください。


ダウンロード

デザインデータ(cdr)

※デザインデータは、CorelDRAWグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル