トロテック商材の豊富なラインナップから様々な材料を使って、オリジナルの壁飾りを作ってみましょう。


材料

  • つや消しアクリル(黒):1216 x 606mm、厚さ3mm、2枚 (TroGlass Satins Black)
  • つや消しアクリル(赤紫):606 x 301mm、厚さ3mm、1枚 (TroGlass Satins Fuchsia) 裏面に両面テープを接着
  • つや消しアクリル(ライトピンク):606 x 301mm、厚さ3mm、1枚 (TroGlass Satins Pink) 裏面に両面テープを接着
  • シールタイプの二層板(白/黒):610 x 305 mm、厚さ0.2mm、2枚 (TroLase Foil)
  • メープル材 : 600 x 300mm、厚さ5mm、1枚 (Solid Wood Maple) 裏面に両面テープを接着
  • MDF:600 x 300mm、厚さ6mm、1枚 、裏面に両面テープを接着
  • サインナット(看板用ネジ):Ø16/16mm、長さ3mm  適量

このサンプルの材料は、トロテックが販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

※トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2.0インチレンズ

※アクリル1216 x 606 mmの加工には、大型レーザーカッターSP500を使用しています。

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル

  • バキュームテーブル+アクリル カッティング グリッド(アクリル用)
  • バキュームテーブル+ハニカムカッティングテーブル(木材用)

ステップバイステップ

ステップ1:アクリルのデザインデータ出力

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。大きさやパーツのカタチなど、希望のデザインに変更しても構いません。

次にアクリルTroGlassを材料として使用しているデザインをデザイン別にレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力していきます。TroGlassのデザインを一つずつ選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ

ステップ2:アクリルのレーザー加工

材料のアクリル(TroGlass)をアクリル カッティング グリッドの上にセットします。材料に粘着している保護シートを先に剥がしてから加工すると、後で剥がす手間が省けます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。他の材料も同様に加工します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード%(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 100 0.9 1000
パス(繰返し) パス(繰返し) Zオフセット アドバンス
1 On - -

ヒント

大きな装飾を制作するので、黒いつや消しアクリルのカット加工には大型レーザーカッターSP500を使用しました。1216 x 606 mmの材料は、中型レーザー Speedy 360の加工エリアでは小さすぎて入らないからです。大型レーザーカッターを利用できない場合は、デザインサイズを小さくするか、黒いアクリル部分のデザインは省いて、土台となる円盤サイズの壁掛けを作りましょう。

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:シールタイプ二層板のデザインデータ出力

半円にカットしたシールタイプの二層板を2個作成し、カットしたアクリルのパーツを二層板の上に貼り付けていきます。

先ずは半円のデザイン(TroLase Foil White)をレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ

ステップ4:シールタイプ二層板のレーザー加工

材料の二層板(TroLase Foil)をアクリル カッティング グリッドの上にセットします。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。他の材料も同様に加工します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 40 2 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット  アドバンス
1 On - -

ステップ5:木材のデザインデータ出力

次にMDFとメープル材のデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ

ステップ6:無垢材のレーザー加工

メープル材をカットするために、加工テーブルのアクリル カッティング グリッドをハニカムカッティングテーブルに取り換えます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ5でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。他の材料も同様に加工します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 100 1.4 1000
パス(繰返し) エアアシスト  Zオフセット アドバンス
1 On - -

ヒント

木材を綺麗にカットするために、口径3mmのショートノズルと、可能であれば大量のエアアシストの使用を推奨します。


ステップ7:MDFのレーザー加工

MDFをハニカムカッティングテーブルの上にセットします。次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ5でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。他の材料も同様に加工します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 90 0.4 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 On - -

ステップ8:組み立て

装飾作りの工程で、組み立てに最も時間を要するかもしれません。

先ずは星のようにカットした2個の大きな黒アクリルを接着剤で付けて円形の土台にします。大きなパーツの端と端が同じ位置になるようにしてください。保護シートが付いたままなら剥がします。半円にカットしたシールタイプの二層板を黒アクリルに接着します。それから二層板の上にカットしたアクリル、木材のパーツを貼り付けていきます。

様々なパーツをどこに配置するかは、デザインファイルのイラストを参考にしてください。それを印刷し、側に置いて作業すると良いでしょう。全てのパーツを敷き詰めたら完成です。最後にサインナットで壁に取り付けます。


もっとアイデアをプラス!

  • この装飾を時計にアレンジできます。中央に丸い穴を開けて時計部品をセットします。
  • 他の種類のTroGlassアクリルと木材を組み合わせてみましょう。オフィス、クラブハウス、ラウンジにピッタリの壁掛け装飾が創作できます。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル