レーザーカットしたTroGlass Satinsのアクリル

イースターデコレーション

お問い合わせ

イースターに手作りのモダンアートを飾ってみませんか?

トロテック商材のアクリルと紙を使って、カラフルなイースターエッグ・アートの作り方をご紹介します。

デザインデータがダウンロードできるので、簡単にスピーディに作れます。


材料

このサンプルの材料は、トロテックが販売しているレーザー加工用の商材「トロテック商材」を使用しています。

※トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2.0インチレンズ

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

加工テーブル

  • アルミニウム カッティング グリッド、またはハニカムカッティングテーブル(紙の加工用) 
  • アクリル カッティング グリッド(アクリルの加工用)

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


ステップバイステップ

ステップ1:データ出力(LaserPaper)

このページ上のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。LaserPaper Woodのデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー -

ヒント

彫刻デザインの位置がズレないように、加工テーブル左上の原点(0/0)に材料の紙(A3サイズ)を置き、JobControlのプレート画面上でも同じ位置にジョブを配置します。


ステップ2:レーザー加工(LaserPaper)

材料をアルミニウム カッティング グリッド、またはハニカムカッティングテーブルの上にセットし、フォーカスツールで焦点合わせを行います。

次にJobControl®(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

パラメーター カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 彫刻CO2  60 100 500
ポジショニング ポジショニング  -  -  -
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット ディレクション アドバンス
1 ON 3 トップダウン
(上から下)
-
- - - - -

 ※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:データ出力(TroGlass)

ステップ1と同様に、このページのデザインファイル(cdrかpdf)をグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にTroGlassのデザインをカラー毎にレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。カラー別にTroGlassのデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ

ステップ4:レーザー加工(TroGlass)

材料をアクリル カッティング グリッドの加工テーブル上にセットし、焦点の位置決めを行います。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定: カット

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 50 0,2 5000
パス(繰返し)1 エアアシスト Zオフセット ディレクション アドバンス
1 ON - - -

ステップ5:アート制作

先ずポスターパネルの台紙に彫刻したLaserPaperを取り付けます。次に紙に彫刻した点の上にカットしたアクリルを両面テープで付けて、写真のようにタマゴのカタチにしていきます。これでカラフルなイースターエッグが完成です。

ヒント

台紙をもっとしっかり固定させたい場合は、紙の後ろに薄いプラスチックシートを貼りましょう。


なぜトロテックの商材を使うの?

トロテック商材の紙はレーザー加工用に製造されているので、レーザー加工に適しています。例えば、LaserPaper Woodは、表面は本物の木材、裏面は白い用紙の構成になっている珍しい紙です。プリンターでの印刷はもちろん、レーザーによるカットや彫刻にも適した紙材です。

さらにトロテック商材のアクリルは、色、艶出し/艶消しの表面加工、透明度などの点で幅広い種類を取り揃えています。これらの豊富なラインナップから必要に最適なアクリルを選んで、クリエイティブでアイキャッチのある独特な商品を製作することができます。

トロテック商材


もっとアイデアをプラス!

違う素材や色を組み合わせてみましょう。


トロテックの推奨モデル