宝飾品

レーザー彫刻、レーザーマーキング

レーザー彫刻したメダル

宝飾品にレーザー彫刻で、価値ある一品に

近年、宝飾品、特にジュエリー用貴金属合金には、金、銀、プラチナ(白金)、パラジウムなどの様々な種類の金属が用いられています。伝統的な宝飾品の技法としては、機械を使った彫刻加工やエッチングなどです。高価な宝飾品の場合には、金のはめ込み細工=象嵌(ぞうがん)*の技法が使われていました。中でも大切な銘を刻む加工や独創的でオリジナリティな装飾を施す加工は特に重要な工程でした。現在、宝飾品のデザインは、ファッション性も兼ね備えた役目を持ち、加工方法にもcreativity(創造性)に対応できる技術が求められるようになっています。

*象嵌:宝石や金属などをはめ込む技法

レーザー加工に適した材料

金、銀などの貴金属、合金、(眼鏡などの)ガラス


アプリケーション例

トロテックのレーザー加工機を使用すれば、速く簡単に、そして柔軟で正確に、宝飾品に彫刻やマーキングを施して、価値ある一品に仕上げることができます。

  • 指輪、リング
  • 時計、ウォッチ
  • ネックレス
  • ブレスレット
  • 金、銀、真鍮、チタン、その他の貴金属
  • 眼鏡(フレームやガラスレンズ)

アクリル製宝飾品のレーザーカットストア

宝飾品の彫刻・マーキングにレーザー加工機が選ばれる理由

クリエイティブにも機能的にも、柔軟に対応できるツール

レーザー加工機は、多種多様なデザインを再現できる最もハイテクな技法です。指輪に伝統的なデザインの彫刻を施したり、時計に由緒ある銘柄を刻んだり、ネックレスやブレスレットに個性的なタッチの装飾を加えたりできます。デザイン装飾だけではなく、機能表示のマーキング、模様やテクスチャ、写真の彫刻も可能です。レーザー加工機は、クリエイティブにも機能的にも、柔軟に対応できるツールです。

宝飾品をレーザー加工するメリット

加工できるデザインはほぼ無限

  • ロゴ、イラスト、バーコードまで、レーザーなら実質的にどのようなデザインでも彫刻やマーキングが可能です。
  • 1ポイントのフォントや非常に小さい模様でも認識できるように加工できます。
  • 短時間で写真を材料にマーキングできます。
  • トロテックが開発したレーザーマーキング用ソフトウェア(DirectMarkまたはJobControl)を操作することにより、印刷と同じくらい簡単に、グラフィックソフトから直接デザインを加工することができます。

柔軟性に優れた加工

  • ブレスレット、ネックレス、指輪、メダルなど、幅広い種類の貴金属加工に1台のレーザー加工機で対応できます。
  • オリジナルの絵でも、写真でも、デザインデータに変換して加工できます。
  • トロテックは直感的に操作できるマーキングソフトウェアを搭載。
  • トロテックのカメラシステム「SpeedMark Vision Smart Adjust」で、スピーディで正確な位置決めを実現。

高品質な部品で、最高レベルのマーキング

  • 非常に小さくて精密な模様や形状を精確にマーキング。
  • 加工後のクリーニングやコントラストを際だたせるためのマーキング加工を組み合わせることが可能。
  • トロテックは、高品質の部品をマシンに採用し、優れた光学技術と最高のレーザービームを実現。
  • トロテックのカメラシステム「SpeedMark Vision Smart Adjust」で、スピーディで正確な位置決めが簡単にできます。

非接触加工で、高品質な仕上り

  • 材料を固定したり、クランプで留める必要がないので、材料の表面を傷つけることはありません。
  • 作業時間を節約し、一貫して優れた仕上りの加工を提供します。
  • 様々な仕様に応える幅広い製品群の中から、最適なレーザー加工機を選択できます。
  • カメラアシストの位置決め機能によって、一度で精確なレーザーマーキングが可能です。

トロテックの推奨製品